たまには愛犬のことをつらつら書いてみる

The following two tabs change content below.
オオニシ トモヒロ
東京生まれ・神奈川在住のフォトグラファーです。子供の頃からの夢だった特撮ヒーローの会社を辞め、好きなことで生きていけるように活動中です。
■詳しいプロフィールはこちら
■ポートレートフォリオはこちら:Tomohiro Onishi's Portfolio

こんにちは、トモヒロ(@Tomo_camera_)です。

いつもカメラの話を書いてばかりなので、きょうはただただ個人的なことを書きたくなりました。

わが家には、生まれて1年8ヶ月のわんちゃんがいます。

f:id:tomo-camera:20180316100701j:plain

名前はぷーちゃん。トイプードルとポメラニアンのミックス。女の子。

ちょうど1年半前、まだ神奈川県で彼女と同棲している頃にやってきました。

f:id:tomo-camera:20180316105627j:plain f:id:tomo-camera:20180316105722j:plain

初めてのわんちゃん。

彼女とふたり、犬の飼い方はさっぱりわからなかったけど、知り合いやネットから知恵を借りてどうにかいい子に育ったと思います。

f:id:tomo-camera:20180316110006j:plain

1日ごとに身体が大きくなって、どんどん賢くなるぷー。

f:id:tomo-camera:20180316110539j:plain f:id:tomo-camera:20180316113034j:plain f:id:tomo-camera:20180316110722j:plain

彼女との会話はいつもぷーのことばかり。

デートに出かけたはずなのに、ぷーが気になって駅でUターンしたこともありました。

親バカっぷりは加速し、2人でぷーを「かわいさの化け物」と呼ぶほどに。

f:id:tomo-camera:20180316112146j:plain

だから、そんな彼女と同棲を解消するとき、どっちがぷーを飼うかで揉めた。

揉めたなんて言葉じゃ済まないくらい揉めた。

親権を争う夫婦の気持ちがよくわかった。お互い譲らない。相手には渡したくない。

すでに関係が終わった相手と同じ空間で暮らし、さらにペットの所有権で揉めるなんて今考えてもけっこうしんどかった。

f:id:tomo-camera:20180316112625j:plain

僕が実家に連れて行くか、彼女がひとり暮らしをしながら飼うか。

ぷーにとって幸福なのはどちらか、を考えた末に僕の実家で引き取ることになった。

「もうこんな家に暮らせるか!」と啖呵を切って出ていった実家。

ノコノコと戻るなんて、恥ずかしい上に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

 

さらに、親はどちらも動物が嫌いだ。

実家に戻ることが決まったとき、母は言ってくれた。

犬がいるなら連れてきてもいいよ」と。

f:id:tomo-camera:20180316115354j:plain

ただ、実家にぷーを連れて戻ったときは、めちゃくちゃ引かれた。

本当に連れてくるとは思わなかったと(笑)

彼女にフラれ、両親との険悪な雰囲気を引きずったまま、実家での生活が始まった。

気持ち的にしんどい時期を助けてくれたのはぷーだった。

f:id:tomo-camera:20180316115634j:plain

いつでも僕のうしろをぴこぴこ付いてきて、夜は布団に潜り込んでくる。

ふわふわであったかくて、可愛くて甘えん坊でいい匂いがして。

f:id:tomo-camera:20180316120922j:plain

ぷーがいたから、急な環境の変化でも明るく過ごせたたし、まともに会話しなかった親子の間に「愛犬」という共通の話題ができた。

ぷーのお陰で、僕の家族は明るくなった。

実家に戻って1年。いまではすっかり、両親もぷーを溺愛してる。

ぷーが近づくだけで逃げていた母は、いっしょに布団で寝られるようになった。

寒い時期にトリミングでぷーの毛が短くなった時は、すぐに犬用の服を買ってきた。

f:id:tomo-camera:20180316121325j:plain

父はいまや、僕よりずっとぷーの遊び相手になっている。膝の上にぷーが乗ると嬉しそうだ。

ぷーがいてくれたから、30歳を手前にしてようやく両親と打ち解けることができた。

犬の愛は偉大だ。世界一可愛い。これからも元気に長生きするんだぞ!

f:id:tomo-camera:20180316120615j:plain f:id:tomo-camera:20180316121507j:plain

あ、別れた彼女とは、3ヶ月後に復縁したのでした。

**なんだかんだあった末、2018年6月にやっぱり別れました**

f:id:tomo-camera:20180316120736j:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です