ライカM6とLomography Color Negative ISO400で渋谷を撮る

The following two tabs change content below.
オオニシ トモヒロ
東京生まれ・神奈川在住のフォトグラファーです。子供の頃からの夢だった特撮ヒーローの会社を辞め、好きなことで生きていけるように活動中です。
■詳しいプロフィールはこちら
■ポートレートフォリオはこちら:Tomohiro Onishi's Portfolio

こんにちは、トモヒロ(@Tomo_camera_)です。

渋谷という街には毎日たくさんの外国人が遊びにきています。

週3日〜4日は撮影していますが、そこにいる人や雰囲気が同じ日はありません。

f:id:tomo-camera:20171227215710j:plain

11月からほぼ毎日撮影しているので、ブログ記事が何本も書けるくらいの量が溜まっています。

完全に僕の趣味、というか日課の延長線上の写真ですが、見てくれたらうれしいです。

ライカM6とLomography Color Negative ISO400で渋谷を撮る

f:id:tomo-camera:20171227220129j:plain

僕は「風景写真」が苦手なので、どうにかして「人」を写します。

それは”意地”であるし、1人でも多くの人に「いい写真だね」と思われたい”欲”でもあります。

風景が撮れない。だから1枚でも多く渋谷にいる人を撮ります。

f:id:tomo-camera:20171227220904j:plain f:id:tomo-camera:20171227222215j:plain f:id:tomo-camera:20171227220721j:plain f:id:tomo-camera:20171227222235j:plain

スクランブル交差点を見てテンションがあがってたり、笑顔でライブ配信をしてる人が多い渋谷。

いい表情やポーズの人がたくさんいるのが、毎日撮影していて飽きない理由なのかもしれません。

“きょうはどんな面白い人がいるかな”という好奇心。

f:id:tomo-camera:20171227220815j:plain f:id:tomo-camera:20171227220831j:plain f:id:tomo-camera:20171227220846j:plain f:id:tomo-camera:20171227222704j:plain

うるさくてやかましい街なので、被写体に接近しやすくて助かっています。

ライカの静かなシャッター音を喧騒が飲み込んでくれるので、顔の真正面からカメラを向けたりしなければほとんど気づかれません。

でも至近距離からカメラを向けて、あえてカメラの方を向くように注意を引くこともしています。迷惑なカメラマンだと自分で思うこともありますが…。

f:id:tomo-camera:20171227224102j:plain

この日は、ISO400の感度を活かして、夜の渋谷も撮ってみました。

Lomography ISO400で夜の渋谷を撮る

f:id:tomo-camera:20171227230127j:plain

夜になっても撮るものは「人」です。

フィルムカメラで夜の街を撮るときは

ISO400のフィルムとF/2.0、1/60秒のシャッタースピード

の組み合わせなら大きく失敗することはないはず。

夜の繁華街のにぎやかさを無理なく写し出してくれます。

f:id:tomo-camera:20171227220105j:plain f:id:tomo-camera:20171227230214j:plain f:id:tomo-camera:20171227224815j:plain

フィルムカメラがブームになって、淡くてほんわかした写真がSNSで大量にシェアされて。

f:id:tomo-camera:20171227225707j:plain

でもちょっと暗く撮ったほうがあとから編集しやすいんだと気がつきました。

だから今はそのままじゃ何も面白くないであろう露出で撮ることを意識してます。

明るさと暗さががなるべくフラットになるように撮るというか。

f:id:tomo-camera:20171227230601j:plain

たぶんあまり伝わりませんね。独り言だと思ってください…笑

もっと上手く言葉に落とし込めたらまたブログに書きます。

とにかく、渋谷はスナップを練習するには最高の環境だと思います。

理由は以下の3つ。

  1. ・カメラを持ってる人が多いので目立たない。
  2. ・個性的な服装・髪型の人や、写真映えする行動をする人が多い。
  3. ・外国人さんが多いので、肖像権で揉めづらい。

スナップ写真撮ってみようかなぁって人はぜひ渋谷で挑戦してみてください。きっとハマります。

Lomography Color Negative ISO400というフィルム

さてさて、最後にフィルムの紹介です。

今回のフィルムはこちら。

ほとんどのカメラ屋さんで売っているので見ることが多く黄色が強いフィルムとして有名です。

写真に黄色がプラスされるとどうなるかっていうと「作品っぽく」なります。

f:id:tomo-camera:20171228070433j:plain

価格も1本600円前後と抑えられているので、あまり深く悩まずにシャッターを押せるのがいいところ。

おわりに

f:id:tomo-camera:20171228071446j:plain

さてさて、きょうはロモグラフィーのフィルムを使ったスナップ写真の紹介でした。

ってなわけで、きょうはここまで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です