ライブカメラマンは「速さ」をなによりも意識するべき。

The following two tabs change content below.
オオニシ トモヒロ
東京生まれ・神奈川在住のフォトグラファーです。子供の頃からの夢だった特撮ヒーローの会社を辞め、好きなことで生きていけるように活動中です。
■詳しいプロフィールはこちら
■ポートレートフォリオはこちら:Tomohiro Onishi's Portfolio

こんにちは、トモヒロ(@Tomo_camera_)です。

さいきんはモノクロフィルムの写真ばかりブログに載せてますが、ライブ写真もちゃんと撮ってます。

f:id:tomo-camera:20170714000755j:plain

さいきんの撮影で心がけていることは、

「JPG撮って出しのクオリティを可能な限り上げること」です。

いくつか理由があるので、そんなお話しようかなと思います。

ライブ写真の”撮って出しクオリティ”を上げる理由

理由①:「速さ」がちがう

f:id:tomo-camera:20170714001219j:plain

Dual Guy(デュアルガイ)(@DualGuy)さん 

JPG撮って出しの質を上げる理由は、

クライアントに写真を渡すまでにかかる時間が大幅に短縮できるからです。

僕も前はひとつのライブでRAWで7000枚くらい撮影し、選別、編集していました。

その結果、すべての写真をお渡しするまでに2週間もかかりました。 

ライブはナマモノです。

写真の公開に2週間もかかってたら、ライブの興奮・記憶はとっくに風化しています。

ライブ写真は、お客さんが「いいライブだったなぁ」と余韻に浸っている間にSNSにアップしなければ意味がありません。

f:id:tomo-camera:20170714002933j:plain

H.A.L.(@hal_streen)さん

ライブ写真に限らず「はやく」写真を渡すことはカメラマンのコストパフォーマンスを上げることに繋がります。

なぜなら、ひとつの仕事にかかる「時給」が変わってくるから。

1回30分のライブを撮って1万円をもらったとしましょう。

レタッチだなんだと時間をかければかけるほど、カメラマンの時給は下がっていきます。

・選別・編集に10時間かかったら時給は1,000円以下です。

はやく仕事を終えて次の撮影に取り掛かったほうが効率がいいのです。

理由②:時間をかけてライブ写真をレタッチするのはコスパが悪い。

f:id:tomo-camera:20170714003501j:plain

かいり@7/30と8/21(@t0rak0ra_)さん

30分のライブで200枚~300枚を撮るカメラマンが多いと思います。

そこから選別を経て残るのが100枚前後としてその中から、何枚がSNSに公開されるでしょうか。

きっと「多くて20枚」でしょう。

Twitterで写真4枚×5回のつぶやきです。

それなら何時間もかけて100枚もの写真をレタッチするってけっこうコスパ悪いですよね。

僕はライブ終了後、すぐスマホに写真を転送し、30枚ほどをGoogleフォトの共有アルバムにアップします。f:id:tomo-camera:20170714004246p:plain

「いやいや、ちゃんとレタッチをした完璧な写真を渡したいんだ」という人もいると思います。

でもライブ写真に求められるのは、1枚のクオリティよりも圧倒的な「はやさ」です。

ライブ写真を渡すのに何日もかけているようではダメなのです。

 

さいしょはバタバタしちゃうと思いますが、やっていくうちにスピードも上がっていくと思います。

ライブを撮ってる人はぜひ「納品のはやさ」を意識してみてください!

ではでは、きょうはこのへんで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です